<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    歴史と地理と現代社会

    0
       このブログ、再受験応援と銘打っているだけあって、皆さんこのキーワードで検索なさってたどり着いてらっしゃる方が多いわけでございますので、思い出したように受験のお話などを。

       医学部は基本的に理系ですので、センター試験では社会は1科目だけ受験すればまず事足ります。さて重要なのはその科目の選び方。目標は9割ゲットですから、いかに他教科の足を引っ張らないかorリードを作れる科目か、という点で考えなくてはなりません。
       話を聞いておりますと、基本的に学校の先生は現代社会など公民系で戦うことを勧めないようです。詳しい理由は不明ですが、どうも学校であんまりきちんと教えていない公民系の科目は「逃げる」というイメージがあるみたいです。現役生はその呪縛によって、理科2科目の負担に加えて膨大な無駄知識(←あえて言いますが)を必要とする歴史や地理を選択して苦しむケースが多いように見受けられます。浪人生でも高校でやってたから、という理由でそのままの科目で戦う人が結構います。

       ズバリ言うなら、社会は現社が一番有利だと思います。もちろん頭の容量にまだまだ余裕があって、暗記大好き!という人は別です。好きな科目でやれば良いでしょう。しかしなるべく余計な知識はいらない、他教科の勉強に時間を使いたい、という人には、現社がベストだと思います。
       他の社会科目に比べて、明らかな点クレ問題(←落とすことはまずないような簡単すぎる問題のこと)が毎年一定して出題されていることや、普段新聞やニュースを見ていれば話題になっていたなぁ、というものが出題されたりしています。また過去問やマーク式問題集を少しやりこめば、必要な知識はほとんど得られます。多少面倒な範囲もありますが、他教科よりもはるかに勉強に必要な時間は少なくてすむはずです。また再受験生の中でも社会人経験者の方は、働いていた時期に集めた知識と情報、常識なんかが結構生きてきたりします。
       でもまあ、いい事ずくめでもありません。これだけ現社が受験生にとっていい科目であるということはどうやら作る側もうすうす感じていたらしく、前年度のセンター試験あたりからじわりと傾向を変えつつあるようです。いままでの点クレ問題を少なくし、他の教科と同様に知識がないと答えられない問題の比重を増やしてきています。その証拠に、ここ3年間の私の現社の点数は、'05年 94点、'06年 91点、'07年 83点とじわじわと下降しています。もちろんこの間も勉強はしているわけですから知識は増えているはずなのです。
       徐々に現社の有利な部分が削減されてきていますが、それを差し引いてもまだメリットはあると思います。他教科からのシフトは、最悪寒くなってからでも間に合いますが、早ければ早いほど楽に追い込みができますので、迷っているならまず過去問を買ってきて解いてみましょう。今選択している科目の得点と比べてマイナス幅が10〜15点ぐらいなら、シフトするメリットは大きいはずです。
      slimboy-fat * 再受験 * 23:41 * comments(6) * trackbacks(0) * - -

      物理と化学と生物と…

      0
         以前も書きましたが、生まれて初めて物理と化学を勉強したのは26歳のときでした。高校では文系だったので、センター試験のための生物を勉強していました。生物を捨てて未開の物理化学を選んだのは、行きたかった大学の試験科目が生物受験ができなかったからでした。
         なかなか合格しないうちに、多くの大学が理科は3科目から2科目選択という形式になり、私が目指していた大学も合併を期にそのような形式になりました。が、結果的に物理化学の選択でよかったと思っています。
         というのは、センター試験でリードを作れる科目になったということです。いわゆるゆとり世代の新課程にうつってから、物理は計算問題がほとんどなく、定性的な出題ばかりになったこと。化学も計算問題が減少し、難しめの範囲がほとんど兇鵬,圭个気譴討靴泙辰燭燭瓠覚えるものも以前に比べれば減ったことです。参考までに旧課程と新課程になってからの私のセンターの物理化学の得点は
        化学 '04 49点→'05 83点→'06 86点→'07 93点
        物理 '04 63点→'05 75点→'06 90点→'07 96点
        というように推移しました。最後の年は化学は2問、物理は1問間違いで、両方ともくだらないミス(分かっていたのに違うものを選んでたとか)による失点でした。つまり、十分満点を狙えるということです。

         まずは合格するためにセンター試験や二次試験での得点が重要です。物理は原理原則の徹底的な理解が必要ですから、再受験の場合で独学で学んでいくのはちょっと大変かもしれません。実際私もここまで行き着くまでに熱心な先生に教えて頂いた上で、それこそ“死ぬほどの思い”をしてきました。もしかしたら生物化学の選択でうまくいく人もいるでしょう。
         でも、自然科学を学んでいくのであれば、個人的には物理化学を勉強することはすごく重要なことだと思います。物理の諸現象が化学の基本的な規則性を作っていますし、化学の基本的な規則性が生物を形作っていることに気がついたとき(私は26歳の冬でした)、世界がもっと素晴らしいものに思えました。ちなみに生物は高校で学ぶレベルのワンランク上の内容を大学に入ったら死ぬほど勉強することになります。

         受験のために勉強していた間、夏にはいい思い出がありません。実力もなかなか上がってこないし、焦るばかりで勉強が進んでいる(ように見える)ほかの人が遠い存在に見えたりして。夏はタネをまく季節です。夏に芽なんか出ません。冬にしか花は咲かなくていいのです。焦っても勉強し続けて下さい。同じ目標に向けてがんばっている人たちへ。
        slimboy-fat * 再受験 * 23:49 * comments(0) * trackbacks(2) * - -

        あの頃君はバカだった

        0
           昨日講義棟の入り口に医学科の編入試験の張り紙がしてありました。3年前にこの場所で必死に英語の問題を解いたのだなと、ふっと思い出し、もうすぐ夏が来るなと感じました。

           医師になりたいと思ってから、何年たったかなんてもう忘れてしまうぐらい時間が流れてしまいました。ただ、ここに至るまでの道は最短距離ではありませんでしたが、最高の道のりだったと思います。

           18歳やそこらで自分の一生を決めるなんて、私に言わせれば立派です。18歳で地方の大学にあんまりはっきりとした目的もなく入学し、ふらふらと4年間が経ってしまったことは今思えばもったいない気がしますが、それでも絶対無駄な時間はなかったと思います。バカなことも下らないことも危ないことも一通り経験して、現在の自分がいるわけです。

           今日も私はいろんな面で自己新記録を更新中。
          slimboy-fat * 再受験 * 20:27 * comments(3) * trackbacks(2) * - -

          animal trail

          0
             26歳の夏に仕事を辞め、行き着く当てのない道が始まった。生まれて初めて受けた物理の試験は100点中6点だった。マーク式の模試でとった化学の27点を、話したこともない奴に馬鹿にされた。通っていた地元の予備校は既に傾いていて、講師は専任も非常勤もアルバイト感覚の人がほとんどだった。進む道は茨の道にくわえて、獣道だった。わずか4ヶ月ほどの勉強で臨んだセンター試験は、言うまでもない結果だった。

             暗中模索の中、光をかざしてくれる人がいた。傾いた予備校に外部講師としてきていた英語の先生は、必要ならばと講師として務めている大学の図書館からNatureの記事をコピーして渡してくださった。先生はまた私に数学物理化学の師と仰ぐべき人を紹介してくださった。
             紹介していただいたのは、個人塾の先生をしておられる若い方だった。授業料は決して安くはなかったが、数学物理化学を基礎から徹底的に叩き込んでいただき、実戦レベルにまで引き上げてくださった。吐き気すら覚えながらやったセンター試験や二次試験直前の6時間連続演習は、死ぬまで忘れないだろう。

             二度目のセンター試験は、83%の得点率。医学科には3〜5%足りなかった。そして二次試験も地力のなさを露呈する結果で終わった。仕事を辞めて一年半、決して甘くない現実の前に始めて焦りを感じた。
             
            slimboy-fat * 再受験 * 23:51 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            数学の話

            0
               大学の授業にも数学はあります。私の大学では1年前期は解析学として、関数、極限、微分、積分の勉強をします。私にとっての数学は、もともと苦手意識の塊みたいな存在であり、現在も変わっていません。それでもやらなければなりません。もちろん医師になってから関数の極限やテイラー展開が必要かといわれれば多分必要はないと思いますが、医師になる勉強に必要なものとして、勉強すべき科目として存在します。

               初めて数沓辰諒拔をスタートしたのは26歳の秋でした。なにせ数学毅銑僑造發ぼつかない状況でしたので、当然さっぱり。同じく始めて勉強する物理化学と同時進行だったので、最終的に実践レベルにいたるまでには2年以上かかりました。
               数靴廊毅銑僑(特に)の知識を活用します。私の場合は靴鯤拔する中で、必要になったら兇良習をするような感じでした。さらに靴牢霑誕領呂箸靴得些里つ迅速な計算力が必要になります。予備校などの授業以外でとにかく鍛えなければ勝負になりません。私は得意だった文系科目や社会など自分でできる科目の時間に計算練習をしていました。そして計算力も基礎体力と同様に、鍛えなければすぐに落ちていきます。筋トレ気分で計算力を鍛えてください。

               最後まで受験で足を引っ張ったのは数学でした。センター試験でも大崩れしたり、2次試験の勝負どころで計算ミスをしたり。簡単に苦手科目が克服できるなんてことはありません。できる限り弱点とならないレベルまで持っていくことが重要ですが、やはり意識的には克服する勢いでいかなくてはなりません。
               大学の数学の授業の中間テストがありました。克服する勢いで勉強しなければならない状況を再認識しました。
              slimboy-fat * 再受験 * 23:43 * comments(0) * trackbacks(2) * - -

              編入試験のはなしのつづき

              0
                今日は私の編入試験の戦績とその分析を。
                2004年(27歳) 群馬大学 一次(学力)○ 二次(面接・集団討論)×
                           富山医薬大(現富山大) 一次(書類)○ 二次(学力)×
                2005年(28歳) 富山医薬大(現富山大) 一次(書類)×

                 受験校は(ほぼ)英語一発試験ということと、居住地の関係を基準で選定しました。
                 分析はまず04年の群馬から。群馬は建前上書類審査は無しでしたが、一次試験とセットになって評価されているとの噂も。実際本気で勉強して来ている人なら誰も落ちないような内容の英語でした。おじいちゃんといってもいいような人もいましたが、二次の会場にはいませんでした。
                 二次試験は二日間かけて、初日に集団討論、二日目に個人面接を実施。集団討論は10人の受験者のグループに教授がお題を出して、各人の自由な意見を聞くというもの。ひとつのテーマに30分。終わったら別の教授が来て同じことを、というのを計4回やりました。 二日目は個人面接で、時間は一人30分くらいだったと思います。自己アピールした後、面接官からの質問に答える形でした。私に対する質問は、仕事を辞めてから何をしていたか、どんな医者になりたいのか、他の編入試験の受験校、一般受験は考えているか、などなどを聞かれました。他の受験校や一般受験の話はどこの面接でも聞かれるそうですが、前年に合格者から入学辞退者が続出したとのうわさがあったので、確かにちょっとしつこく聞いてきた感じはありました。

                 続いて富山大(当時は富山医薬大)。ここは一次に書類審査、二次に学力(英語のみ)、三次が面接でした。書類審査は何が基準になっているのかよく分かりません。というのは、'04年に通ったのと同じ書類が、翌年は不合格になったことから。そもそも書類として提出する経歴書と課題作文のうち、審査官が見ているのは経歴書だけという噂がありました。また学力試験で不合格になった人は翌年以降書類で落ちるという噂もあり、私もその噂どおりになりました。また二次試験は英語の記事(確かNatureとかその類)でそれなりの長さのあるものを二題で3時間。センター試験9割取れる人間でも時間内にいかにまとめるかが勝負の試験でした。ちなみに前日に書いたような英語を商売にできるレベルの人が合格していました。あと、富山大は富山駅から凄く遠いです(バスで30分以上かかる)。

                 長々と書いてきましたが、定員数の少なさ、一部の人が有利になる条件を考え合わせると、一般受験したほうが結果として近道になるように思います。センター試験9割(実際には85%程度)を狙って勉強し、後期試験のような学力よりは総合力で勝負できる試験にかけるという方法が一番短期間で合格ラインに届くと思います。もちろん数学や理科2科目も勉強してチャンスを増やすことも重要です。私は2年編入試験を受けましたが、それ以降は無駄(1回の受験料が3万円!)と思い止めました。以降は一般受験で前後期受験できるようにコツコツ勉強してきました。文系の人で数学も理科もさっぱり、という人のための話はまた今度。
                slimboy-fat * 再受験 * 23:34 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

                編入試験のはなし

                0
                   アクセス解析見てたら再受験で検索していらっしゃってる方が多いので(タイトルがそうなんだから当然か)、たまには再受験の話でも。

                   医学科進学の道として、大学卒業した人を対象にした編入学試験というのがあります。東海大学のように4大卒に限らない場合もありますが、ほとんどの場合4大卒が要件です。各大学は5〜10名程度を募集、合格した場合は2〜3年生として入学します。試験内容は大学によって異なりますが、概ね英語は必須、大学の初年次履修程度の生物学の知識も多くの大学で必要になります。中には数学も必要な大学もあります。

                   編入試験の予備校も存在し、最大手は河合塾によるKALSでしょう。因みに私も受験に当たり池袋校に通っていました。そこでは英語というよりは医学系知識の確認に重点を置いた英語、編入試験で医科歯科大に入った東大で生物学やってた人が教える生命科学、謎の経歴を持ち、やたら面倒見のいい先生の小論文の授業がありました。

                   さて、私の感じたことでいえば、本気で医者になりたいなら真面目にコツコツ勉強して一般受験をメインに考え、宝くじを買うくらいの気持ちで編入試験を受けるのがいいと思います。編入試験の実態ですが、予備校なんかでもデータとして、若い(22〜24才)、理系、飛びぬけた専門性(英語だったり生物だったり)が必要、となっており、私の周りでも最終試験まで残ってる人は、アメリカで心理学で修士論文書いてきた人とか、イギリスで生物学専攻してた人とかばっかりでした。そういう人たちと英語や生命科学で勝負して、さらに大学教授たちに選んでもらえる(面接の基準も不明)という自信があるなら、編入専願もありですが。長くなるので続きはまた次回、私の編入試験の戦績と拙い分析を。
                  slimboy-fat * 再受験 * 23:53 * comments(0) * trackbacks(5) * - -

                  departure

                  0
                     どうしても医者になりたい。そう思ったのは21歳の時。大学3年、法律も嫌いじゃなかったが、それで飯を食って行きたいと思うほどには好きにはなれなかった。逆に、懸命に勉強するほど、法律が好きじゃなくなっていった。でもここまで来て、全てをうっちゃって、というわけにはいかなかった。就職活動が始まり、医者以外になりたいものが無かったが、地元にある地元資本の大きな会社は銀行しかなかった。貸し渋り、貸し剥がし、中小企業いじめ、不良債権の塊、様々な悪評を一身に受ける業種だったが、迷う余地は無かった。

                     3年4ヶ月、目が回るほどの忙しさで働き、それまでの人生分の倍くらいの密度の経験をした。時間が経てば消えるかと思っていた気持ちは、決して消えることはなく、むしろ臨界点まで達していた。自分を信頼してくれる顧客も少しずつだが増えてきたし、上司や同僚も仕事をしていて気持ちのいい人が多かった。仕事を辞めることはその人たちを裏切ることでしかなかったが、みんな快く背中を押してくれた。もちろんどん底の不景気を脱し、徐々に景気が回復しつつある中で、なれるかどうかもわからない道に乗り込んでいくことに対する批判や嘲笑もあった。でもそんなことは関係なかった。やりたいことのために死ぬほど勉強する。これほど勉強したいと思ったことはなかった。当然数学も理科もなにも分からないのだから、茨の道には間違いなかった。

                     茨の道を目の前にして、靴を脱ぎ捨てるのに少しのためらいもなかった。
                    slimboy-fat * 再受験 * 23:50 * comments(5) * trackbacks(5) * - -
                    このページの先頭へ