<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 満州からの手紙 | main | 故郷を遠く離れて >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    暑中見舞い

    0

       暑い日が続いております。皆様お元気でらっしゃいますでしょうか。

       なでしこJAPAN、おめでとうございます!まさに激闘という言葉がふさわしい戦いでした。私は眠気に負けて夢の中での応援になりましたが。昼の再放送は観ました。娘は野球じゃなくてサッカーかなぁ。

       さて、前回のエントリーは6月8日…。一か月以上サボっておりました。精神科の後は救急部。やっぱ将来は救急かなぁ、なんて思いながら6月が終わりまして、勢いで企画したビアガーデンの集いも無事終了。30人も集まってくれました。ありがたいなぁ。そしてこの2週間は小児科での実習でした。

       担当患者さんは2か月半の男児。主訴は黄疸と体重増加不良。2週間かけて画像、血液生化学検査の結果から診断をつけるという醍醐味を経験させていただきました。
       大学病院の小児科は、いわゆる重症の患者さんが集まっています。白血病で骨髄移植を受けて無菌室から出られない子や、抗がん剤治療で髪の毛がなくなってしまった子、そして病気と闘うこどもに寄り添い支える家族。実習が始まってから3か月がたちましたが、なんとなく決まっていくのかなと思っていたのに、いまだに自分が戦う場所を決められずにいます。うーん、考えるな。

       今週から第一内科です。なんとなく膠原病チームになりそうです。さ、またがんばるぞっと。


       学生控室の一コマ。隣の班のミドリ嬢のペットですが、たまにうちの班にも遊びに来ます。

      slimboy-fat * 日記 * 23:46 * comments(0) * trackbacks(1) * - -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 23:46 * - * - * - -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        ガンほど厄介きわまる病気はない!でも・・・

        がんはとても深刻で苦しい病気です。その状況は実際に罹った者にしか分らないのかもしれません。それでも、誰にでも共通する思いは、何とかその状況を打開したいという思いではないでしょうか?
        From 【ガンとの闘い】ガンに負けるな! @ 2011/07/19 7:44 AM
        このページの先頭へ