<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 誤解だ… | main | 自責と謝意 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    挫折について

    0

       明日の口腔系の試験勉強をしております。歯周病、怖ぇな。今回の試験はほぼ完全記述式の模様ですので、ついでに漢字の勉強にもなっております。顔貌の「貌」とか。

       さて、勉強しながらふと思い出したこと。かつて仕事を辞めて地元の腐れ予備校で受験勉強していたときのこと。ある人から、「あなたって挫折したことがないのね」と言われました。どういう文脈だったか思い出せませんが。
       広辞苑を引くと、挫折とは「(計画や事業などが)途中でくじけ折れること。だめになること。」なんだとさ。挫折感は、「挫折して意欲や気力が衰え希望を失った気持ち。」なんですって。

       うーん、確かに挫折は度々してるけど、挫折感に打ちのめされた、と言うことはないかもしれません。
       酢酸の化学式も、作用反作用も知らない状態で受けた模試で、化学27点、物理6点の結果をどういうわけか知らんやつに見られ、「何でこんなヤツが予備校来てんの?」とか言われたり、2年続けて学士編入の試験に落ち続けたり、センターでも2次試験でも本番で大小さまざまにしくじったり、合格する前年は15点差で落ちたり、結局再受験は3年半で1勝8敗(学士編入3戦含む)、生涯通算2勝10敗だったり、定義どおりの挫折は山ほどしております。
       でもどういうわけか、もうだめだ、やめるべ、と思ったことはありませんでした。もちろん受かった最後の年は最後の受験と覚悟を決めて臨みましたが、それ以外は特別な勝算があったわけでもないのに、「世界が自分を医者として必要としてるなら、絶対受かる。受からないのは努力が足りないから」と分かったような分からんような(多分意味不明)確信を持って、それが揺らぐことはありませんでした。なんでそんな確信に至ったかは分かりませんが。


       結論。思い詰めない。バカだと思われても言われても気にしない、もしくは今に見ておれ、とモチベーションに加える。何度ずっこけても立ち止まらない。


       今日の役に立たない格言。必ず最後にバカが勝つ。多分。

      slimboy-fat * 再受験 * 23:37 * comments(5) * trackbacks(0) * - -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 23:37 * - * - * - -

        コメント

        こんばんは、毎回更新を楽しみにしています。私も大学院編入を決意し、周りから無理だろ…現実的になれよ、と冷めた目で見られているはずです。
        とても心の支えになりました。
        これからも見させていただきます。応援しております(^O^)
        Comment by ハチ公 @ 2010/04/26 12:28 AM
        コメントありがとうございます!
        このブログに常連さんがいて下さるとは感激です(涙)。

        私も会社を辞める前後→再受験スタート→なかなか受からない、という期間は、無理だと思われていただけでなく、直接間接よくバカにしたようなことを言われました。
        腹は立ちましたが、まあ客観的に見ればそうだよな、と思いのほか冷静だったかもしれません。
        ただ、嫁さんと私の家族だけは信じてくれてました。

        こんな駄文を心の支えにしていただくなんて恐縮ですが、少しでもお役に立てればほんとに嬉しいです。
        Comment by gjp2 @ 2010/04/26 12:42 AM
        こんばんは。初めまして。
        私も長いこと拝見しておりましたが、
        コメントさせていただくのは初めてです。
        文系出身、医学部再受験生、退職後2年目です。

        なかなか学習が先に進まず、すぐにくじけます。
        こんなに進まなくて応援してくれている家族に申し訳ない。
        と思いつつも、諦める気にもなれないから、また学習を始めるという繰り返しで、「ならいちいちくじけるなよっ!」というのが自分でも情けないところでした。

        「世界が自分を医者として必要としてるなら、絶対受かる。受からないのは努力が足りないから」

        ぐっときました。

        信じてくれてる家族に申し訳ないから諦めた方がいいのか?と思うこともありましたが、これからはそう思うのをやめて、家族のためにバカになろうと思います。
        励みになりました。
        ありがとうございました。

        これからも拝見させていただきます。
        医学部での生活、応援しています。
        Comment by HUL/TIIDA @ 2010/04/26 1:30 AM
        オレも再受験1勝6敗だったけど、
        仕事辞めたときも家族に冷ややかに見られたときも
        なぜだか、同じようなこと思ったよ。
        オレを待っている患者さんがいる!だから絶対受かる!!ってなぜだか思い込んでたなぁ。
        咀嚼の嚼もなかなかですな。
        Comment by NIGO @ 2010/04/26 5:15 AM
        HUL/TIIDAさん、コメントありがとうございます!
        文系出身で、退職後2年ということですので、なにかとプレッシャーも大きいかと思いますが、信じてくれる人のためにも、無理だと思ってる人たちを黙らせるためにも、有無を言わせぬくらいのがんばりを見せつけるしかないかと。
        合格の先にある大きな目標に向かってがんばって下さい!!

        NIGO、根拠がなくても思い込む力って大事だと思いました。
        やっぱり、漠然と医者になりたいっていうんじゃなく、医者になってこれがやりたいんだ!っていう医師免許の先にあるものが見えてる人間の方がが間違いなく強いと思う。いろんな意味で。
        試験も終わり、咀嚼も嚥下も淀みなく書けました。
        Comment by gjp2 @ 2010/04/26 11:03 AM
        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ