<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< でかいな | main | 雑想 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    the way to go

    0

       後期の授業が始まって3週間。より臨床に近い内容の授業が中心になりました。

       個人的には小児科(授業名は成長と発達)の授業が好きです。もとから進むんなら小児科かしらん、と思っていたわけですが、ここにきてちょっと足場が固まったかな、という感じがしました。
       もちろん小児科が難しい診療科であることは十分承知しています。こどもの扱いの難しさは身をもっていやというほど知っていますし、正確に具合の悪いところを表現できない分、視診聴診触診といった技術の重要性が高まること、正確な知識と十分な経験が必要になることも分かってます。そして壊滅的とも言える人員不足の分野であり、小子化の進行でより厳しい状況に置かれることも。

       同時に、他の医師より耐用年数が少ない分一年でも早く最前線で一兵卒として戦うつもりでしたが、大学に残って診療と研究を一緒にやるのもありかな、と。

       まあまだ医者になるための勉強も折り返し地点まで到達していないわけですから、今後気持ちが変わらないとも限りませんが、元来一度思ったら納得してあきらめるまで追いかけ回す性格ですから。ほら、これまでもそうやってきたでしょ、今の大学も嫁さ、げふんげふん。


       あーそうそう、白い巨塔の再放送が最終回になりましたね。山崎豊子の原作も読みましたし、リアルタイムの放送も観てましたが、ばっちり再放送も観てしまいました。うまいなぁ、井上由美子の脚本。原作の雰囲気を壊さずしっかり時代設定を現代に置き換えてるし、法廷シーンの緊張感、人間の内面的な弱さの描き方なんかもすごいです。ディテイルは細かく換えたりしてますけど、井上版として考えても素晴らしい出来栄えでございます。他のスタッフも気合い入ってましたね。ライティングで強気に振る舞う財前に一瞬だけ死相を浮かび上がらせたり、とか。
       個人的に感情移入できるキャラクターはいないのですが、強いてあげるなら黒木瞳演じる愛人花森ケイ子と、西田尚美演じる看護師亀山君子が好きです。まあ勝手な結論ですが、男がいいなぁと思う女性キャラクターは大抵男の都合のいいように動いてくれるキャラなんですね。

       とうことで、2日分計4時間一気に観ました。疲れましたので寝ます。

       

      slimboy-fat * 日記 * 23:23 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 23:23 * - * - * - -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ