<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    よく遊びよく遊べ

    0

       勉強にかこつけて育児をさぼっていたら、いろいろな面で危険水域に達しております今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

       春休みも終わりまして、これからいよいよ病棟で実習がスタートいたします。その春休みは何をしていたかというと、バイト以外は何もしていない…。育児もたいしてやっておりません。
       そのわりにはこどもはある程度なついてくれてます。理由は多分一緒に遊ぶ時の強烈な印象によるものが大きいのかと。傍から見ている嫁さんに言わせれば「何が楽しいのかわからない、けったいな」遊びなのですが、なぜか彼らが面白いと感じることが分かってしまうので、それを必要に応じて惜しみなくやり尽くす。子供と遊ぶ時の基本技。追いかけて捕まえる。いっぱい触ってやる。めんどくさくても体を大きく使う。それの組み合わせを適当に変えてるだけです。


       ちっとも心が温かくならない、愛に関する夫婦の会話。
      私「アヤ(娘2歳半)もきっと高校生になったらスカート短くしたりするんだろうねぇ」
      妻「するだろうねぇ」
      私「肩が大きく開いた服とか着て、ブラの肩紐見えてる!とか言っても、見せるやつだし、って聞かないんだろうねぇ」
      妻「すでに言うこと聞かないしねぇ」
      私「そしたら外に出さないようにするよ」
      妻「…。着替えさせたら?」
      私「うんにゃ、そのまま外に出さない」
      妻「ヘ×タイ!×チガイ!この×ゲ!」
      私「(後頭部を見せながら)大丈夫?まだ大丈夫?」
      妻「大丈夫よ。ほんとにヤバくなってきたらハ×とか×ゲとかゲーハーとか言わないから」

       まだ大丈夫みたいです。実習が終わるころにも大丈夫だといいです。

      slimboy-fat * 育児? * 23:46 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      GWだったのだね

      0

         大型連休が終わりましたね。さあ、日常に復帰しましょう。

         さてこの連休、例年は私の実家にこどもを乗せて車でエンヤコラサッサと大移動しているのですが、今年は下旬に末弟の結婚式が横浜であるものですから、嫁さんの実家でのんびりと過ごすはずでしたが、その実態はけっこう忙しい日々でした。

         1日。家の片づけをしてたらあっという間に午後。部の一日練習(恒例行事)に顔だけ出して嫁さんの実家へ。足痛い。
         2日。ちょっと離れたショッピングセンターに息子の三輪車を買いに行ったはずが、思いの外体格が良いらしく、結局14インチの自転車に決定。ついでに色々お買い物。
         その後私のアパート近くの動物園へ。近所のクセに私は始めて、地元民である嫁さんは20年ぶり。痛い足はテーピングでがっちりガード。キリンとかシマウマとかトラとか近くで見ると興奮します。あ、見るはずだったレッサーパンダ忘れてた!
         帰宅後は夕暮れの中、息子の自転車練習。漕げ漕げ!漕げば進むのだ。
         3日。特段何もないものの、嫁さんは子供を連れてお友達とランチ。私はのんびり。
         4日。前にも行った、ちょっと鄙びた遊園地にウルトラマンショーを観に行く。日差しは強いが海風が気持ちよく、ちょっと膝の辺りにつぎあてが見えるウルトラセブンと、微妙に手作り感が漂うメトロン星人の戦いを満喫。
         5日。ほんとに何にもない一日。こどもの自転車の練習につきあったり、こどもの昼寝の間にのんびり『3月のライオン』読み返したり。

         さ、勉強するぜ。ちなみに末弟の結婚式in横浜の翌日は、精神系の試験です。いまからちょっとでも貯金を作っておかなくては。

         

        slimboy-fat * 育児? * 19:57 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        支援

        0

           まもなく選挙でございますな。民主の圧倒的優勢がいわれておりますが、さて、どうなりますやら。

           選挙当日は薬理学の試験前日ですので、期日前投票を済ませました。どこに入れたかは申しませんが、今日は各党が掲げている子育て支援についてちょっと。

           兄弟は多いにこした事はない、というのが私の持論でして、実際私は3人兄弟の長男。幾度かの長男の座争奪戦を凌いで現在も長男の座を守っております。同様に、子どももたくさんいるのがよろしい。したがってまあ最低3人はほしい。
           民主の公約として中学生までのこども手当ての支給があります。月2万6千円。でかい。かなりでかい。だって子供1人につき31万2千円ですよ。うちは2人だからバイト君の私の昨年の年収をかるく越えます。すげえ。これは助かります。自民や他の党も子育て支援策を打ち出しておりますが、ちょいと一言。

           財源どうすんのさ。埋蔵金と無駄を省いて、って言ってるけど、埋蔵金は無尽蔵じゃないし一回使えば無くなっちゃうんだぜ。無駄を省くって言っても、どこまでやれるんだ?不確定要素を当て込んで大丈夫なのか?
           行政の無駄を省くという点では、行政改革として渡辺喜美ががんばったけどコケちゃった顛末を見てると自民じゃ無理だなぁという感じですが、民主は具体策があるのかしら。
           さらには、所得制限なしってのもどうなんだ?そりゃ所得制限なくせば支給基準考えなくていいから実務は簡単だろうけど。年収うん千万の家庭にも必要か?しかも配偶者控除なくすって、何らかの事情で子供が作れない夫婦に、よその子育て支援を実質負担させるってひどくないのか?
           その点、行政改革はまあやりますけどね、それはおいといて、まずは景気を浮揚させて税収増やして財政再建しましょうよ、という自民の言ってることの方が幾分ましなのかな。


           かつて村上春樹は政治・選挙について「マイナス4とマイナス5を選ぶのに」選挙に行く気にはならない、とのたまってらっしゃいました。それを読んだ20代前半の私はなんと無気力なことか!と憤慨しておりましたが、ちょっと角が取れた30代の私は、いくらかその気持ちが分かる気がします。まあ選挙には行くけどね。

           政権交代は政治の活性化にはいいのかもしれませんが、その先にあるもののほうがよっぽど重要なんだがね。

          slimboy-fat * 育児? * 23:30 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          G.W.だったのだよ

          0
             高速道路が1,000円で走り放題!というので、一家で栃木の実家に行って参りました。往復約1,000キロ。しばらく長距離運転はおなかいっぱいです。
             うちの子どもは帰省などで環境が変わるといきなり進化するという性質を持っているようでして、上の子は一昨年の6月に弟の結婚式で行った軽井沢の旅館でいきなりはいはい(うしろ向き)をし始め、下の子は今回実家で安定したお座りとまえ向きはいはいができるようになりました。まあ、たまたまなんでしょうけど。うふふ、うれしいな。

             疲れたけど、たのしかったな。どれだけ離れても、家族だし。

             私の弟がカピバラさんにハマっており、子供たちにと大量のカピバラさんをもらいました。彼曰く、森に行ってジンジャーエールをまくとよって来るそうです。
            slimboy-fat * 育児? * 22:29 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            風雲!あき竹城

            0
               本来休みの日は平日に間に合わなかった勉強をするべきなのでしょうが、子守という名の遊びに費やして(けっこう自分が一生懸命遊んでる)おります。外で遊ぶときには先日書いたようなことをして遊んでいますが、インドアでの最近のホットなお遊びはプラレール(電池で走るプラスチック製の電車とレールのセット)と積み木です。
               プラレールは電車遊びが男(の子)の永遠の飽きない遊びであることを再認識できます。こどもとは関係無しにレールを拡張したり、立体交差するレールのセットが欲しくてたまりません。来週帰るときに買っている可能性大です。
               
               しかし、プラレール以上に私がハマってしまったのが、積み木です。うまくプラレールの電車をまたぐように橋を架けたり、その上に建造物を作ったりして遊べます。「これは無理だろう」と思えるぎりぎりのバランスで組み上げたときの喜びはなかなかのものがあります。たいていこどもが完成後数分のうちに木っ端微塵に破壊してくれるのですが。
               昨夜はかなり危ういバランスのアマネ城を建設し、5分後に城主(長男)の乱心により崩落しました。今日は夕方からきた甥っ子の城を建設しましたが、新城主の不興を買ったのかやはり2分後にあえなく崩落。
               帰ってくる前にひっそりとアヤ城(城主が壊すことは無い)を建設してきました。これは安定感ばっちりですが、いつまで建っていることやら。
              slimboy-fat * 育児? * 20:03 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

              終わらない夕暮れ

              0
                 長男はもうすぐ2歳になります。オウム返しではありますが、状況を把握したり言いたいことを主張したりします。恐るべき進化。

                 さて、バカの先輩である私は彼のライバルであり、よき遊び相手です。いかにくだらないことで楽しく遊ぶかがテーマです。昨日はジョウロに入れた水で道路に絵を描いたり、ちょっと坂になっているのでその流れた水の行く先を追いかけたり、公園に停めてある私の車の周りで鬼ごっこしたり。公園から家までの30メートルほどの道を2人でケンケンパ(ヤツはうまくできず悔しそうだった)しながら帰りました。

                 子供だったころ、勉強は起こられない程度に済ませて、暗くなってもなかなか帰ってこないで怒られるくらい遊んでいました。ゲームなんて無かったから、公園の遊具とか、ボール1つとか、10分遊んだら飽きてしまいそうなものでも、ほんとにバカとしかいえないような創造力で、帰らなきゃ絶対怒られることがわかっていても、楽しくて止められずに遊び続けていました。
                 だから、どんなちっちゃなものでも気が狂いそうなくらい楽しい遊びに変わることはいくらでも知ってるし、一緒に遊ぶときはいくらでも教えてやるよ。

                 でも、こういう遊びって今やったらほんとにバカって言われるけど、結構楽しいんだよなぁ。もしかしたら道を間違えたかもなぁ。

                 今日の超ショックな出来事
                 娘(祝満1ヶ月)が泣いていたので抱っこしたらおとなしくなりました。さらに笑顔を見せたので、嬉しくなって「よーし、チューしてやろー!」と言って準備姿勢に入ろうとしたら、嫁さんが「娘が可愛かったらやめな。バカが伝染るから」とな。いや、確かに伝染ったら可哀想だしなぁ、ってなんだとゴルァ!
                slimboy-fat * 育児? * 21:21 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                引力

                0
                   今日は息子の保育所の運動会でした。
                   彼が出場する種目はかけっこ(こどもだけ)、障害走(親子競技、フルーツやお菓子のぬいぐるみを持って走る)、フォークダンス(親子で踊る)の3種目。朝8時半に始まってお昼に終わる日程でした。
                   かけっこは、普段は数秒で視界から消えて親の心拍数を急上昇させる快足を見せることなく、悠々と歩いてほぼビリでゴール。障害走は最高のスタートダッシュをきるも余裕のパフォーマンス(りんごを選ぶも気に入らなかったらしく戻すと主張し、バナナを選びなおすも食べるフリや母親に分けるフリに没頭)をしている間にやっぱりビリ争いに突入。

                   はてこの本番での弱さは誰の影響だ?と考えておりましたら、障害走の後はおちび組は各親のもとで保護しておけとのこと。保育所の先生もさすがにプチケダモノの群れの統率(しかも一度親とくっついてる)は2時間が限度なのでしょう。
                   私たちのもとに帰ってきた彼は、もっぱら普段彼が遊んでいる保育所の遊具の間を練り歩き、仕上げは砂場での土木工事とおままごと。砂場にはたぶん謎の引力があるに違いない。気が付けば小学校低学年と思しき女の子たちからうちの子の様なちびすけまでが2メートル四方ほどの砂場にてんこ盛り。

                   すっげぇ楽しいんだろうな、砂遊び。あと数時間、雨が上がるのが遅かったらどれが砂山でどれがこどもかわかんなくなってただろうけど。結局なかば自由参加だったフォークダンスは棄権して、輝く金メダルとお菓子とおもちゃをもらって帰りました。

                   今日学んだこと。1、ビデオ撮影のポジション取りに必要なものは、素早い行動とほんの少しの図々しさ。2、嫁さんはままごとが上手。小学生が遊んでほしくて群れていた。3、運動会は親の体力を試す行事。
                  slimboy-fat * 育児? * 22:45 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  ちちがにじむ朝

                  0
                     骨学実習1日目が終了、着替えたあと用事を済ませに情報処理室へ。そこで見た携帯には叔母からのメールが。「おめでとー!」って。叔母様からのメールで2人目が生まれたことを知りました。うーむ。

                     夜8時過ぎに産院に到着すると、元気そうな嫁さんと、傍らにすごく小さな生き物が。女の子でした。すでに嫁さんとの命名権争奪戦に敗れ、嫁さんがかねてから決めていたので、娘の名前は「文(あや)」に決まりました。ちなみに私は「杏(あん)」を主張していたのですが、次回に持ち越すことになりました。次は負けないようにします。

                     さて、生まれてそれでよかったよかった、とはいきません。親はここからも戦いが続きます。赤ちゃんは生まれてからしばらく24時間無差別「泣き」テロを続けます。数時間おきに「おっぱいー!」、「おむつきもちわるいー!」、「おきたー!」、「ねむいー!」、「よくわかんないけどとりあえずー!」と、かわいいうえに哀れを誘うというかほっては置けない声で泣くのです。
                     しかも嫁さん、まだおっぱいが十分に出ないもんでくわえさせても時間がかかるし、出産で体がぼろぼろになっていますので、なるべく動かないように父親が雑用や抱っこの代打をしなくてはなりません。ふらふら。

                     今朝は4時と5時半にテロが決行され、頭がちょっとクラクラしてます。さあ、骨学実習2日目、がんばりましょう。
                    slimboy-fat * 育児? * 09:32 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

                    たくらみ

                    0
                       嫁さんは臨月に入っておりまして、そろそろ生まれるんじゃないかといった雰囲気になってきております。
                       1ヶ月ほど前に嫁さんの誕生日を間違えた(7月22日分参照)わけですが、彼女の誕生日は末日でして、嫁さんとしては娘(推定)を自分と同じ誕生日にしてやろうと、ウォーキングしたりスクワットしたりせっせと家事をしたりしておりました。
                       実際にはそんなに上手くいくわけも無く、そそくさと今日も産科の検診に行っております。

                       旦那の予想(根拠なし)→一両日中に生まれる。っていうか生まれて!それ以上遅くなると忙しいので。
                      slimboy-fat * 育児? * 10:53 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                      悪い影響

                      0
                         大人にとってはすごくちいさなことでも、こどもは敏感に感じとって大きな影響をうけるようです。具体例は以下。

                         その1。先日行われた西医体の剣道のビデオをこっそり観ていたら、背後からこどもが忍び寄ってくる気配が…。「まずい!ビデオカメラ(録画再生機)をいじられる!!」と警戒していたら、意外にも父親の隣にちょこんと座って「めん、めん!」と楽しんでいる様子。
                         安心して「ほら、このコテは入ってなかったんだよ」とか、「このメンを一本にしなかったらどの技を一本にするかね?」などと判定に関する恨み節を吐いていたら、うちの大学の大将のヤコさん(上段の遣い手)の映像が。「すげえだろ、このスピードでメンを連続打ちできるんだぜ」とか「この試合は引き技が冴えてるよねぇ」と解説を加えて見せたその夜の事でした。
                         親子のコミュニケーションの一環として特製竹刀で打ち込み遊びをするのですが、その夜はいささか様子が違う。はてなにがしたいのかしら?と思ってよく見てみたら、上段からの片手メンの練習をしている様子。うーん、どうしよう。

                         その2。広島遠征中にたまたま観たら面白くて、いつYouTubeにアップされるか楽しみにしていた「崖っぷちのエガ」が夫婦で大ブームになりまして、暇さえあれば二人で歌っていたところ、それがこどもに伝染してしまいました。嫁さんがポニョを歌おうとすると、袖を引っ張りながら「えが、えが」と替え歌バージョンを要求するようになってしまいました。保育所でやったら恥ずかしいなぁ。嫁さんのせいにするに決まっていますが。

                         子育て中、もしくは将来子育てをなさる予定の皆様、こどもへ悪い影響を及ぼす恐れのあるものは、たいてい大人が楽しいと思うものです。楽しくてもほどほどにしておきましょう。

                         今日の夏休みの宿題。逆上がりチャレンジ二日目、失敗した上に鉄棒で恥骨を強打。こどもが軽く触っても痛いです。うぐぐ。
                        slimboy-fat * 育児? * 10:49 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                        このページの先頭へ