<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    逆境FIGHTER

    0

       卒業試験第一弾となるプレ内科の試験が終わりまして、せっせと就職活動に勤しんでおります。いきなりくそ暑くなりましたが、みなさま体調を崩されてなどいませんでしょうか。

       さて、何年ぶりかの「再受験」カテゴリの記事でございます。

       学士編入にも予備校なるものが存在します。ネットでさっと検索しただけでも、某大手予備校系列から聞いたこともない中小零細的なところまで、たくさんあるみたいです。

       私が通っていたのは某大手予備校系列の池袋校でした。そこで最初につきつけられるのが、データという名の現実です。「25歳以下、理系、医療に通じる専門分野」が条件なんですと。27歳、文系、取柄は生まれ持ってのしつこさ、という私は端っから対象外です。

       実際のところ、その予備校に在籍していた時の編入試験は、2戦0勝2敗。予備校のデータを補強するだけの結果になりました。
       実際編入で合格してる人を見ると、やっぱり東大をはじめとした旧帝大、早慶上智ICUみたいな、受験最難関レベル出身の人が多いです。
       ちょこっと聞いた話なんですが、「属性枠」なるものも存在するとかなんとか。たとえば、旧帝大・薬学系・女子だったりとか。まあ伝聞ですので、噂程度に。

       ここまでの話を総合すると、再受験生にとって学士編入は、受験最難関校と呼ばれる群でない人にはおすすめできないことがお分かり頂けるかと思います。もちろん「そんなデータなんか俺がぶち破ってやるぜぃ!!!」という方が挑戦することを止めるつもりはありません。私がそうでしたからね。まあ受験するための費用は、受験料3万円に交通費宿泊費です。軽くないですよ。数校受けたらかるく10万は超えます。


       編入試験の時期になって、ふっと思ったんでダラダラと書きました。以前にも書いたかと思いますが、あきらめずに頑張っていれば大抵のことは何とかなります。


       あきらめんなよ。

      slimboy-fat * 再受験 * 00:28 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

      幾千の涙は夜空へと流れて

      0

         休眠寸前に陥っておりますが、気が向いたときに書いております。

         梅雨に入ったのに、北陸は穏やかな天気が続いておりまして、せっせと洗濯なんかしております。さて、今日もほどほどに勉強したし、晩ご飯は何にしようかな、などと暢気にテレビを眺めておりましたら、あら見慣れた光景が全国版に…。

         ご存知の方も多くおられるかとは思いますが、富山大学付属病院で全国初の6歳未満の脳死判定が行われ、臓器移植の運びとなっているとのことです。
         今回脳死判定がなされた男の子のご両親、ご親族の方々の察するとどんな言葉を選んでもその悲しみは軽くなるものではありませんし、臓器移植という決断をなされたことについても、よく決断なさいましたとしか言えません。


         ここからはあくまでも私見です。
         私は今回適用された改正臓器移植法には、全面的には賛成しかねております。

         民法では14歳未満の人間には意思表示の能力がないとしています。14歳よりも小さな子供がなした意思表示は、利益や損失、その他色々なことを判断した上でのものではない、そもそもその能力がないでしょ、という考え方に基づいています。
         また、意思の表示は「思っただけ」ではダメで、誰かに伝えることが前提となります。

         この2つの前提が、改正臓器移植法では無視されてしまっています。乱暴に言えば、年端も行かない子供に自分の命に関する問題を二択で選択をさせて、選べなかったら/選んでいなかったら問答無用で「死」を選択させられてしまう、ということです。だいぶ乱暴ですが。
         もちろんこの場合の最終決断は保護者が行うことになります。保護者がその子の意思を代弁する、ということです。
         
         法改正に至っては多くの法律のプロフェッショナルが関わって決定されているはずです。逆に言えば、素人でも分かるような矛盾を無視してでも改正法を施行しなければならなかったという状況が存在する、ということも理解できます。臓器移植でしか助からない小さな命が日本中にたくさんあって、移植するのに必要な設備も技術も国内に整っているのに、多額の寄付金を集めて海外へ行き、白い目で見られながら、いつかドナーが現れることを祈りながら、いつ終わるとも知れない苦しみに耐え続けなければならない現実…。

         小児の臓器移植のチャンスが増えることは、移植以外に治療の手段がない子供とその家族にとっては福音です。だから全面的に反対はできません。

         


         以上ぐだぐだとご託を並べてまいりましたが、今一番に思うこと。

         クソみたいな世界だけど、生きてさえいれば数え切れないほどの喜びを全身で浴びることができたはずの命が、思いがけないところで消えていこうとしています。その小さな命が、最後に感じることができたものが、温もりでありますように。

        slimboy-fat * 日記 * 23:48 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        旅路の果て

        0

           6月です。気がつけば6年に進級してから初めてのエントリー…。長期にわたりサボっておりました。

           4月は中旬から一ヶ月(ゴールデンウィークをはさんでたので実質3週間強)黒部市民病院、その後は飛騨市民病院と南砺市民病院に一週間ずつ里子に出され、来週から大学に戻ります。うーん長かった。というわけで、里子生活が今日で終了となりました。

           各病院での実習レポートはいちいち書いているときりがないので、各病院を短くご紹介。
           黒部市民病院は県東部の砦。研修病院としては申し分ないと思います。研修医の雰囲気もよかったし、サポートもしっかりしてます。マッチングの自分内候補上位に急上昇。
           飛騨市民病院は山間地の医療を経験しました。常勤医が2名になりそうな危機を乗り越え、現在は6名。それでも大変です。交通の便も決して良くないし、冬は本当に辛そうですが、やりがいは満点でしょう。
           南砺市民病院は院長をはじめ高い理念で理想の地域医療を体現してます。在宅医療と、それにつなぐためのサポート。あくまでも患者とその家族のQOLに主眼を置いた体制作り。素晴らしいものを見せていただきました。

           と、非常に乱暴にまとめてしまいましたが、以上。


           さて、流行の最後尾を眺めるのが最近の姿勢になってしまっておりますが、facebookを始めてみることにしました。特段必要に迫られたという訳ではないのですが、まあなんとなく。ぼちぼちやってみようかと思っております。

           さあ、来週からは卒試に向けての勉強をやっとこさ本格スタートします。気合い入れます。

          slimboy-fat * 日記 * 22:23 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          雑想など

          0

             3月になりましたね。ちょっと温かくなったように感じるのは気のせいでしょうか。

             怒涛の小児心臓外科をやり抜け、生活が朝型になった勢いで外病院の実習に突入しまして、日々カテーテル治療を見学し、担当患者さん(75歳女性)から謎の手紙をもらい、ついに明日から1年に及んだ臨床実習最後の2週間になります。
             長かったように思いますが、終わってみればもう1年か、という感じです。なんだか年齢と共に時間が過ぎるのが加速度的に早くなってきているような…。やべぇ、なんか年とってる気がする。

             さて、普段はつぶやいたりしていないので、ここ最近の雑感をまとめて吐き出しておきます。

             その1。外病院実習で、担当患者さんから身の上話をたくさん書き綴ったお手紙をいただきました。それを読んでどうしてほしい、というものではなく、誰かに(誰でもいいから?)聞いてほしい話をめいっぱい書きまくった、というような内容でした。「先生なら受け止めて下さると思って…」とのお言葉とともに頂きました。ありがとうございます。今後も年金キラーとして精進してまいります。

             その2。本日こどもたちと一緒に小学6年生以来の縄跳びを。気合いで二重跳びを30回。昔からできなかった裏二重はやっぱりできませんでした。かつて縄跳びマスター(自称)であった妻は二重跳びは10回に到達しませんでした。跳んでる最中になんだか重たいなぁ、と思ったら自分の体(腹か!?)でした。本気でもう少し痩せようと思いました。

             その3。「どんな医者になりたいか」と訊かれたら、いざという時にためらわず駆けつけて適切な処置をできる医者、と答えます。そうすると、分野は救急か。でも産科はやりたい。整形外科の仕事も一生をかける価値がある。消化器外科も同じ。結局1年間実習したら進んでみたい道が増えてしまった…。さあ、何処へ行く?おれ。

             その4。刺身は昔から好きだったが、最近は肉と魚だったら魚がいい。ビールは当然大好きで、うまい日本酒だったら際限なく飲む。けどそれほど飲んだつもりじゃなくても翌日に残ることが多くなり、以前はクセが強くてだめだった焼酎を好んで飲む。これを「おっさんになった」というのなら、それもまた良し。

             とりとめがなくて申し訳ありません。さあ、ラストの2週間を突っ走るぜぃ。

            slimboy-fat * 日記 * 23:17 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            I love you, Baby

            0

               6年ぶりに実家で正月を過ごしました。震災の時には震度6強を記録し、その後も数日停電や断水があった地域です。
               実家の周りは落ち着いた感じでしたが、初詣に行った神社では高さ10メートル近くあるような石の鳥居が倒れ、参道の脇に置かれていました。墓の灯篭の修理が終わって集金に来た石材屋さんによると、向こう数年フル稼働状態の見込みだそうです。また、実家のある地域を含む広い範囲が、除染の対象地域になったそうです。

               こっちに戻ってきてから、猪苗代湖ズのCDを買いました。車の中で何回もリピートで聴きました。涙が出ました。

               現在、被災した福島、宮城、岩手で血液が不足しているそうです。そんなニュースを見て、実習がちょっと早く終わった昨日、献血に行ってきました。私は若い頃から血小板が15万から17万と、基準値ギリギリからそれを下回る程度しかないので、一番貴重な血小板の提供ができないのですが、しないよりはましなので、血漿を採ってもらいました。


               足りないかもしれない。届かないかもしれない。でも、なにもせずに見ているよりはずっといいはず。

              slimboy-fat * 日記 * 07:31 * comments(1) * trackbacks(0) * - -

              平常心

              0

                 遅くなりましたが、本年も宜しくお願い致します。今年はもう少し以前のように頻度を上げて掛けたらいいなと思っております。

                 さあ、サボっておりましたらあっという間に年が明けて仕舞いまして、今日はセンター試験の初日でした。朝の雪や凍結が心配されておりましたが、受験生の皆さんは無事受験会場に到着されましたでしょうか?幾つかの会場でトラブルがあったようですが、何があっても動じない強い気持ちで本番に臨んで下さい。

                 とりあえず、受験生の皆さんは今日の試験が終わったら寝ましょう。もちろん明日の科目の勉強しとかなきゃ心配で眠れない!という方は勉強してから寝て下さっても当然構いません。そして深夜から明け方に公表される初日の科目の解答は見ないようにしましょう。平常心や自然体というのは、意外とキープするのが難しいですが、少なくともわざわざプレッシャーになるようなことはしないようにしましょう。ちなみに参考にならないですが、わたしの場合、新聞の朝刊に入って来る解答を見てから2日目の受験に行った年は、ろくなことがありませんでした。

                 さあ、ゴールはもうすぐ。一歩一歩確実に。

                slimboy-fat * 日記 * 17:44 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                The Days after IT

                0

                   ご無沙汰いたしております。夏休みの延長戦もしくは秋休みみたいな泌尿器科から放射線科へのゴールデンリレーが終了しまして、整形外科、第二外科(消化器系)がスタートいたします。さあ気合い入れるべさ。

                   ということで、体も心も時間にも余裕があったこの数週でまとめて本を読んどきました。

                   1冊目。初東野圭吾でした『夜明けの街で』。はい、不倫ものです。いつかどこかで東野圭吾氏の著作は読んでおくべきかなぁ、と思っておりましたが、どこの本屋に行っても東野作品が山積み。どれを読んだらいいものかさっぱり分からず、○ahoo知恵袋に相談するほどのことでもなく…。ということで映画化もされるそうだし、将来何かの役にたうぐぐげふふんっ。んで内容はというと。ううむ、どうなんでしょう。文章はうまいし構成もお見事。途中までしおらしく、男に都合のよすぎる女だった不倫相手の女性が本気で主人公を離婚させようと動いてくるあたりは迫力がありました。でもちょっとオチは読めちゃうかな、と。そんなところで82点。

                   2冊目は重松清『その日のまえに』。以前はガンガン読んでた氏の作品ですが、なぜか仕事を辞めたあたり(もう7,8年前か!)からぷっつりと読んでおりませんでした。ということでかなり久し振りの重松作品。連作短編なのですが、最後の3編がもうだめです。涙が止まりません。布団の中で大号泣。ああ一人で読んでてよかった。
                   重松氏は嫁さんに言わせると「うますぎてちょっとイヤ」というくらいにうまい書き手さんです。以前読んだ作品も読み直そうかな、と思ってしまいますが、そんな時間はないわけで…。94点!いいです。

                   3冊目。川上弘美『神様2011』です。嫁さんの崇拝する作家であり、リサタンもこときわの人も私率イン歯ーの川上さんもかなわない文学少年たちの永遠の憧れでも在らせられます。1993年の作品である『神様』の表題作を、3.11後の世界に置き換えて書かれた作品です。
                   ふわふわとしていながら、でも日々の生活の中に厳然と存在する「あのこと」を、受け入れることはなくとも、受け止め、そして生きていく姿に、読む側になにを感じる?と静かに問いかけます。
                   くまの世界にくまの神様がいるように、ウランにはウランの神様がいて…というあとがきが印象的です。理系出身なのに、本質を失わずにやわらかくやさしく書き換えられるって、やっぱ才能ですな。作品としては申し分ないのですが、短編が2つ入って840円。コストパフォーマンスの点で90点。貧乏臭ぇな。

                  slimboy-fat * 読書 * 23:07 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  How to run

                  0

                     2か月もサボっておりました。元気でやっております。

                     さて先日子供たちの通う保育園の親子運動会がありました。「親子」と銘打っていることだけありまして、競技の約半数に親が参加。一応2種目参加しました。来年も頑張ります。

                     子供だけの競技としましては、かけっことリレーがあったんですが、うちの長男の走りに問題が見つかりました。フォーム悪すぎ。コースの中盤でなぜか流す。そして後ろを気にして何度も振り返り、その度さらに失速。ビリではなかったのですが、嫁さんとの家族会議でフォームの矯正を行うことにしました。
                     とはいうものの、本人に問題意識は全くなく、夕暮れに親父とかけっこ遊びといった様子。追いかけると必ず振り返り、手の振りと足がバラバラ…。まあ本人が速く走りたいと思わなきゃだめか。
                     一方で私が2年ほど個人スパルタ教育を施してきた野球では、幾分の進化が見られるようになりました。体格に比して多少重めのバットも何とか振れるようになり、トスバッティングでは3回に1回は当て、10回に1回は鋭い当たりも。投げるフォームもバラつきはあるものの、まあ相手のいる方向には投げてます。走る方も数年計画でしょうか。

                     親子で来年の勝負(?)にむけてがんばります。

                    slimboy-fat * 日記 * 23:31 * comments(6) * trackbacks(0) * - -

                    故郷を遠く離れて

                    0

                       9年前、寂れた商店街のはしっこにある銀行の融資窓口係をやっていました。企業融資も個人ローンも年金も税金も大してわかってない状況にもかかわらず。当然最初からうまくいくはずもなく、お客さんからもらわなきゃいけない書類をもらい忘れたり、ローンのお客さんとかみ合わない会話をしたり、意味不明なお客さん(いきなり「県が1億円貸してくれるって聞いたんだけど」って…)を納得させるためにえらく時間がかかったり、とはちゃめちゃな状態がしばらく続きました。
                       そんなへなちょこ窓口でも、一か月もするといくらか様になっていき、徐々に私が担当するお客さんもでき始めました。 最初に担当になったお客さんは、山間の場所で腐葉土を作ってるご夫婦。秋から雪が降るまでの間に落ち葉を集め、プラントで腐葉土を作っていました。
                       商売というのは意外と簡単ではなく、昨日集めた落ち葉が今日腐葉土になって明日売れて現金になる、なんて訳はありません。秋に集めた落ち葉を冬の間に腐葉土にして、売れるのは種まきや苗を植える春先。その間に必要なお金を借りるわけです。専門ぽく言うと運転資金です。
                       自分としてはきっちり仕事をして、すばやく融資!といきたいところですが、所詮はへなちょこ。この書類はどうした、ここはどうなってる、個人事業主だろ、ほんとに商売やってるのか確認どうすんだ?と店内審査の段階でボロボロ。お客さんに電話をかけ、必要書類を用意してもらい、再度窓口に来てもらい、とちっともスムーズじゃない仕事っぷり。最短5営業日ほどで融資になるはずのお金が結局10営業日ほどかかってしまいました。

                       やっとの思いで最後の書類を窓口で作ってもらい、すみません、いろいろご迷惑かけました、と頭を下げると、「いいのよ、あなたね、うちの息子にそっくりなの。顔も声も。東京の新聞社に勤めてて、もう2年も帰ってきてないけど、ここにくれば息子に会えるみたいでね」と奥さん。その後も預金の窓口に用事で来た時も笑顔で手を振ってくれたりしました。
                       休みの日に地図を頼りにそのプラントのある場所に出かけて行ったり、受付から実際にお客さんの口座に入金するまでの仕事を一通りやらせてもらったり、融資に否定的な上司を説得したり、としんどいけど銀行員の仕事のコアな部分を経験させてもらいました。

                       なんか、たいへんだけどやっていけるかもしれないな、そう思った1年半あとには辞めてしまう訳ですが、仕事をしていた3年4か月の経験は今の自分の基礎です。この経験は無駄じゃないし、無駄にしちゃいけない。

                       遠く離れてしまって、また会うことはないのかもしれないけど、お世話になった人たちの上に降り注いだ苦難に心を痛めています。セシウム、消えてなくなれ。

                      slimboy-fat * 日記 * 23:29 * comments(0) * trackbacks(1) * - -

                      暑中見舞い

                      0

                         暑い日が続いております。皆様お元気でらっしゃいますでしょうか。

                         なでしこJAPAN、おめでとうございます!まさに激闘という言葉がふさわしい戦いでした。私は眠気に負けて夢の中での応援になりましたが。昼の再放送は観ました。娘は野球じゃなくてサッカーかなぁ。

                         さて、前回のエントリーは6月8日…。一か月以上サボっておりました。精神科の後は救急部。やっぱ将来は救急かなぁ、なんて思いながら6月が終わりまして、勢いで企画したビアガーデンの集いも無事終了。30人も集まってくれました。ありがたいなぁ。そしてこの2週間は小児科での実習でした。

                         担当患者さんは2か月半の男児。主訴は黄疸と体重増加不良。2週間かけて画像、血液生化学検査の結果から診断をつけるという醍醐味を経験させていただきました。
                         大学病院の小児科は、いわゆる重症の患者さんが集まっています。白血病で骨髄移植を受けて無菌室から出られない子や、抗がん剤治療で髪の毛がなくなってしまった子、そして病気と闘うこどもに寄り添い支える家族。実習が始まってから3か月がたちましたが、なんとなく決まっていくのかなと思っていたのに、いまだに自分が戦う場所を決められずにいます。うーん、考えるな。

                         今週から第一内科です。なんとなく膠原病チームになりそうです。さ、またがんばるぞっと。


                         学生控室の一コマ。隣の班のミドリ嬢のペットですが、たまにうちの班にも遊びに来ます。

                        slimboy-fat * 日記 * 23:46 * comments(0) * trackbacks(1) * - -
                        このページの先頭へ